夜遅くまで残業していた男はどこかで視線を感じる。人の気配はないが一人じゃないような感じに振り向いて見たら、美しい女性がいた。彼女に魅かれた彼は「人だろうがお化けだろうがセックスしたい」と思った...