下着のショッピングモールを運営し、10年間の恋愛を続けていたジェイン。彼女はもはや日常の一部となった彼氏が面倒臭くなり、他の仕事に没頭する。そんなある日、無名の写真作家であるヒョンシクに下着の撮影を頼む。ヒョンシクは彼女のボディーを見て、すぐさまオッケーを叫ぶ。撮影ということで、二人はいつも一緒にいながらイヤらしい視線を交わす。結局、ジェインはヒョンシクと恋愛することを決めて宣言するが…