言論は完全に統制され、人々は目も耳も口も塞がれて国家と戦争に滅私奉公を求められた時代。しかし進撃の光ある所には慰安の闇があり、軍靴響き物資欠乏の非人間的状況の中であればこそ、男と女は倒錯遊戯にうつつを抜かす。「軍人は忠節を尽くすを本分とすべし」だが忠勇無双の軍人あれば不良軍人存在するは世の常にて、命令服従の機械組織に近づいた女達には残虐横暴な軍服獣たちの容赦ない嗜虐プレイ性凌辱が待ち受けていた・・