ルームランナーで走る彼女のムチ尻に魅了され、僕は勃起したペニスをジョガーパンツに包まれた彼女の美尻に密着させる(妄想)。『もぅ…エッチ。私のお尻がそんなに好き?』彼女は尻を突き出し、パンツを尻の割れ目に食い込ませる(妄想)。僕は怒張したペニスを押し付け、割れ目をなぞる様にピストンする(妄想)。視線を落とすと、既に亀頭からカウパー液が漏れだしていた(現実)。