大事な一人息子と過ごす最後の夜。脳裏に思い出がいくつも蘇ってくる。母子家庭で苦労しながらも二人で支えあって生きてきた。それも今日で最後、明日から息子は就職で巣立ってしまう。佳奈は息子を心配させまいと、精一杯の笑顔で送り出そうとするが…。寂しいのは息子も同じだった。縋りつくように貪り合う二人。離れたくない。その思いが暴走し、息子は佳奈が絶頂を迎えても責めるのをやめない。怒涛の追撃ピストンに佳奈は…。